PRIVACY&POLICY

COPYRIGHT ©働きごこち研究所 ALL RIGHTS RESERVED.

LETTER

代表、藤野貴教が組織変革につながるアイデア、企業が考えなければならない社会課題や働き方課題について、事例をもとに独自の視点でお伝えするニュースレター。
他にも、仲間から寄せられた最新の知恵、今受けるべき研修情報、読者限定のセミナー案内など、毎月15日に配信します。登録いただくと、過去のアーカイブもすべて無料でご覧いただけます。

「DXで生産性を向上しよう」というメッセージは社員の心に届くのか?

2022.05.11

こんにちは。働きごこち研究所の藤野貴教です。

先日メルマガにご返信くださった方に1時間インタビューをさせていただきました。マネジメント研修の受講生の方だったのですが、「ぶっちゃけ研修中に何を感じていらっしゃったのか?」「その後どのようなアクションの変化があったのか」を伺うことができ、やはりユーザーの生の声に触れると、仕事の手触り感が増し、生きている!という感覚を得ることができます。ありがとうございます。

このメルマガはお仕事を通してご縁を頂いた方々に配信しております。

配信が不要という方は恐れ入りますが、下の「購読中止」からお手続きいただくか、返信にてご連絡ください。

今号では「DXで生産性を向上しようというメッセージは社員の心に届くのか」というテーマで、書いています。

DXという言葉が一般化する以前の2017年から、テクノロジーを活用して仕事を進化させようというテーマで研修・講演をしてきましたが、その中で感じる疑問について、私が代表を務める株式会社文殊の知恵のWisdomレポートとして寄稿しました。前号に引き続き、グロービスMBA時代からの親友であるゴルフ活動家の大矢隆司さんと往復書簡形式で綴った、7000文字にわたる大作です。

Wisdom Reportを読む

リンク先をクリック頂き、「とりあえずタブに開いて」から、お時間のあるときにご一読くださいませ。本内容についてはぜひ皆さんからのコメントも募集したいと思います。

※皆様から頂いたコメントは書籍化された際に二次創作コンテンツとして掲載させていただく場合がございます。メールマガジンに登録してぜひ一緒に創作に参加してください。

過去の記事

LETTER 一覧

メルマガ登録